大根中学校での防災授業


東海大学「熊本復興支援プロジェクト」の学生メンバーらによる防災授業について、 神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙 「タウンニュース」に掲載していただきました。

秦野市立大根中学校で1月18日、東海大学「熊本復興支援プロジェクト」の学生メンバーらによる防災授業が初めて行われた。同大では2018年1月から、放課後に同中学校の生徒をキャンパスに招き、教員や学生ボランティアが防災に関する体験活動の場を提供してきた。 「熊本復興支援プロジェクト」は2016年の熊本地震の後、被災地でボランティア活動を行いながら、現状や被災者の声を全国に届けることを目的とした報告会や防災教室などを開催してきた。

神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙 「タウンニュース」で記事の続きをみる






最新記事

すべて表示